弁理士試験情報
サンプル
間違えない、直観的にわかる、『ビジュアル答案構成法 講座』

時系列の多い問題に不安はありませんか?

優先権主張が入り組んでいる問題に不安がありませんか?

意匠の類比関係の整理に悩んだことがありませんか?

商標法の問題で、除斥期間の検討を忘れたことはありませんか?

この講座は、これらをすべて解決します。また、統一したステップで、あらゆる難問題も確実に見える化し、適切な解放を導く手助けをします。 弁理士試験は、それほど難しい論点を聞いているものは殆どありません。事例を複雑化させたり、受験生の混乱を誘うようなトラップをいれて、問題を難化させているのです。 ですから、問題をきちっと整理して、ビジュアル化すれば、サクッと解けるのです。
これは、担当講師がどんな難問でも、確実に打ち返し、ヒットにするために開発したものです。 論文式試験では、長文、難問がでた場合には、試験の合否はいかに問題文を整理するかで決まります。 答案構成は建築で言えば、設計図のようなものです。 答案構成がまずいと、その都度問題文にあたり、細部を確認したり、構成を手直しせねばならず、かえって時間時間がかかるものです。
答案構成には何種類か手法がありますが、そのたびに構成の手法を変えるよりも、「慣れ」という点で一つの方法に統一するのが混乱を避けることができます。 例えば商標で難問が出たら、答案構成に仮に1時間近くをかけても、正解を導くのが、合格につながります。記載量を気にして、焦って書き出してはいけません。不完全な答案を書くよりは確実に高得点が狙えます。
本講座では時系列が複雑になりやすい商標の対策と、優先権の主張の対策、さらに意匠の全体の一部が部品または、部分意匠に類似する場合、海外と国内での平行輸入、権利消尽等、受験生を悩ませる難問に対する答案構成の手法を解説します。過去10年分強の本試験問題については十分対応できると思います。
なぜ、このような講座がなかったのか?

① 予備校の講師は、知識を教えることを職務としていますので、答案構成について触れることはあっても、積極的には教えることはないこと、
②答案構成だけを切り出して講座にできるほどのノウハウを持った人がいなかったため、
と思われます。しかし、自己の答案構成の方法を確立するには時間が必要です。私は、試験が難問化傾向にあるときを経験してきたので、本試験でどんな高難度な問題がででも合格点をとるために、答案構成を研究してきました。

そのため
①初心者、
②自己流の答案構成でうまくいかない人、
③難問が出た時に保険が欲しい人、
に人にお勧めです。本方法をマスターですれば、ほぼ何が出でも怖くないはずです。(というよりか、本講座の方法をフルに使う難問が出たときについては他の受験生は事例を整理しきれません。私もそのような難問が出たときには間違いなく高得点をとっており、成績優秀者に名をつらねれています。) 

■■目次(製作段階のものです、一部異なる場合もあります■■

1.時系列がある問題に対する答案構成 →エクセル法

2.優先権の主張がある場合の答案構成

3.時系列に係る登録要件のまとめ方 →時系列3点セット(特許29条 29-2 39条) (意匠法にも同様の規定あり)

4.平行輸入、権利消尽、ライセンスの場合の答案構成

5.意匠法特有の答案構成

① 完成品と部品等について登録が左右される場合

② 類比関係が錯綜している場合

③ ①②のコンビネーション→3D法

6.小問題に対する時間の見積もりのやり方 →特別なストップウォッチ等のグッズの紹介

7.商標の除斥期間に対する答案構成

 

☆各手法について練習問題がついています。

■■■■

 さあ、本講座で、短期合格を果たしましょう!

通常29,800円ですが、現在現在モニター価格14,980です。 テキスト(pdf)と音声による解説講義がついております。

今回はモニター販売ということで、ご感想をいただいた方にバージョンアップについて無償アップデートをつけます

ご購入はこちらから  可能な決済の種類

決済画面はインフォカートがご提供するオンライン販売システムです。安心して購入して頂くことができます。

 

 

 

 
PAGETOP
Copyright © 一目でわかる弁理士試験 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.