弁理士試験情報

HOME2

タイトル 弁理士試験情報
弁理士の魅力 ・弁理士になれば、開発者のアイティアを知財という形で権利化(注)して、開発者の創造の思いを具現化する手助けをすることができます。皆さんの周りを見渡してください。開発者の思いが具現化したものがたくさんあると思います。たとえ、サポート役にしろ、開発者と一緒になって、創造の思いを具現化するということは、法律系の資格の中で唯一、弁理士しかできないことと思います。クライアントのアイディアを基に産業の発達に直接的に貢献できる。 これが弁理士の大きな魅力といえるでしょう。
・法律だけでなくその技術分野で高度な専門的知識が必要です。そのためには常に新しい技術をキャッチアップしていくのも弁理士の務めです。つまり必然的に自分自身の向上が望める仕事です。
・条約の取り決めにより外国への出願をする場合もあるため、語学力も必要です。国際的にも活躍できる仕事です。
・クライアントが持ち込んだアイディアを弁理士が適切に引き出し、登録され権利化(特許等)できれば、新たな仕事のやる気につながります。その特許等をもとにそれが製品化されれば、弁理士にとっては至上の喜びを得られるでしょう。成果が実感できる仕事です。
・昨今、企業の財産価値が社屋や土地または製造品から、技術、人材、特許などの無形資産に比重が移行しています。ますます活躍が期待できる資格です。
・実利面では他の士業と比べて、まだまだ競争が少ないという利点もあります。
(注)権利化とは、非常に単純化して説明すると、国が発明の実施の独占できる権利を付与して、権利者が利益を得られる状態にするということです。
弁理士になるメリット 独立して開業できます。具体的には、
・報酬を得て、特許庁への出願等を代理できます。
・知財戦略などのコンサルティング事業といった付加価値の高いサービスを 知財部を持つ事が出来ないベンチャー、中小企業などに提供して行くことができます (簡単に言うと、コンサルティングを含めた、知財部のアウトソース先となれる)。
・著作権、技術上の秘密の売買契約、ライセンスの許諾に関する契約その他の契約の締結等の代理ができます。
・特定侵害訴訟(特許権等の民事事件)の共同代理人になれます(但し付記の登録及び、弁護士との共同代理が必要)。
独立しなくても、弁理士の資格があると、企業内での昇進が早いと一般に言われています。
難易度 司法試験に次ぎ公認会計士、不動産鑑定士や司法書士と並ぶ難易度です。
平成26年度の合格者平均受験回数は「3.86回」です。
受験資格 特に制限はありません(他の法律系試験は学歴等の制限がある場合がある)。
特徴 ・弁理士受験生のほとんどは理科系出身、働きながら受験する人が多いです。
・司法試験、公認会計士試験、行政書士試験などと比べて、比較的出題範囲が狭い 短答式 論文式 口述式試験の3段階の試験であり、日程も別(司法試験、公認会計士、不動産鑑定士などは口述式試験がない)です。
・論文式試験は必須科目と選択科目があります。
・ この資格だけで食べていける資格です。
・行政書士として無試験で登録可能です。
・知財立国、コンテンツ保護などで需要が高まっている資格です。
弁理士について ・知財に関する専門家です。
・特許庁に対し出願等をし、知財の権利化業務(具体的には特許出願、実用新案登録出願、意匠登録出願、商標登録出願等)
を主に行います。
・年収は700万程度から実力に応じ様々です。
・企業内では知財部等で、専門的な仕事をするほか、特許事務所を開業して独立も可能です。
受験概要 平成28年度 弁理士試験の概要
試験日
・短答式筆記試験 平成28年5月22日(日)
・論文式筆記試験(必須科目)平成28年7月3日(日)同(選択科目)平成28年7月24日(日)
・口述試験 平成28年10月下旬
・受付期間 平成28年3月25日(金)~平成28年4月8日(金)
試験地
・短答式筆記試験:東京、大阪、仙台、名古屋、福岡
・論文式筆記試験:東京、大阪
・口述試験 :東京
受験資格
・特に制限はありません(学歴、年齢、国籍等による制限は一切なし)。
試験内容
・弁理士試験は、筆記試験と口述試験により行い、筆記試験に合格した方でなければ口述試験を受験することはできません。また、筆記試験は短答式と論文式により行い、短答式に合格した方でなければ論文式を受験することはできません。
試験科目 ■1.短答式筆記試験
  ・工業所有権(特許、実用新案、意匠、商標)に関する法令、工業所有権に関する条約、著作権法、不正競争防止法
<実施方法>
・出題形式:5枝択一:マークシート方式
・出題数60題
・試験時間3.5時間
  ■2.論文式筆記試験
  <必須科目>
・試験科目:工業所有権(特許・実用新案、意匠、商標)に関する法令
<実施方法>
・出題形式:論文式
・試験時間:特許・実用新案:2時間、意匠:1.5時間、商標:1.5時間
<選択科目>
・理工Ⅰ(工学)、理工Ⅱ(数学・物理)、理工Ⅲ(化学)、理工Ⅳ(生物)及び法律(民法等)のうち、受験者があらかじめ選択する1科目
・出題形式:論文式
・論文式
・試験時間1.5時間
  ■3.口述試験
  ・試験科目:工業所有権(特許・実用新案、意匠、商標)に関する法令
・出題形式:面接方式
・試験時間:3科目それぞれについて、10分程度
  ■4.合格発表、合格率
  ・短答式筆記試験:平成28年6月13日(月)
・論文式筆記試験:平成28年9月28日(水)
・最終合格発表:平成28年11月9日(水)
・合格率 6.6%(平成27年)
予備校サイト ・LEC: http://www.lec-jp.com/benrishi/
・TAC: https://web.tac-school.co.jp/seikyu/benrishi_method/
・代々木塾: http://www.yoyogijuku.jp/
参考サイト ・特許庁: http://www.jpo.go.jp/oshirase/index.html
参考書等 基本書:
・工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第19版〕
判例:
・特許判例百選(別冊ジュリスト)
・商標・意匠・不正競争防止法判例百選(別冊ジュリスト)
   
  ■■管理人の教材も販売中です■■
管理人の教材 ビジュアル答案構成法 講座
管理人から習うメリット ・偏りがない指導方針(多くの受験機関を経験)
・長文、難問に強く、簡潔な答案
・自己の能力自体を高める、文章表現等、速読法、記憶法の指導
・短期合格、サプライズ問題対策に対するメンタル面の指導
詳細 ■1.偏りがない指導方針 [初心者にもやさしい]
上記の主要予備校すべてで受講しています(上記以外の予備校も経験)。東は東京、西は神戸まで行って、多くの講師の講義を受けているので、指導方針に偏りがありません。
  ■2.簡潔な答案の作成の指導 [覚えやすく、書きやすい]
予備校の講師は、長く書いたレジュメを覚えることを勧めがちです。それは、長いレジュメを覚えておけば、短い答案も書けるという理由ですが、本当にそうでしょうか。即興で長いレジュメを要点だけを残して簡潔に縮めることができるでしょうか。試験場で長いレジュメを短く要約していれば、確実に時間切れとなります。初心者は、まず要件を過不足なくまとめたコンパクトなレジュメを覚えるべきです。実力がついていけば、さらに詳しい説明を加えて答案を充実するのが良いでしょう。
例えば平成27年の論文式試験の商標法については、紙面が足りなくなったという話も聞いています。紙面が足りず、且つ記載する項目も多い場合、コンパクトに要点をもれなく答案を書く技術を身に着けてれいば、確実に他の受験生との差をつけられます。まずは、要点をもれなく押さえた簡潔な答案の作成方法をお教えしたいと思います。
  ■3.難問及び長文問題に対する指導 [万一の時にも安心]
一科目難問が出れば、あとの科目で調子を狂わせてしまう受験生が多いです。だから余計に、前半の特許法で難問、長文問題が出ることが多く、これは出題者側の合格者数を調整する常套手段と考えられます。そのため、メンタル面の「胆力」と共に難問の解き方に十分慣れておく必要があります。難問の解法のポイントは事例の整理の仕方にあります。つまり答案構成にあるといってよいでしょう(→そのため、代表的な難問に使える答案構成のテンプレートを用意している)
さらに、簡潔な答案が書ければ鬼に金棒です。例えば、特許法が2ページでもなんとかなるという自信があれば、万一、答案構成に時間がかかった場合でも、焦りが少なく落ち着いて書けるでしょう。
ちなみに管理人は答案用紙全4ページの半分の2ページの記載量で、商標法の合格点をとったことがあります。また予備校の模試でも特許法2ページで合格答案ということはザラで、意匠・商標も3ページ書けば十分余裕でした。
必要な要件を漏らさず、コンパクトに答案にまとめる手法も含めて、難問及び長文問題に対する対策を教えたいと思います。
  ■4.文章表現に対する指導 [心証アップ]
第一に、誤解されない文章にする必要あります。しかし、論文式試験ではビジネス文書のように極端に端的に述べるよりも、多少のプラスアルファの「論文らしさ」が求められます。このあたりの頃合いを教えたいと思います。
  ■5.速読に対する指導 [試験時間の節約]
速読ができれば、試験が時間的に有利になるのは言うまでもありません。管理人の習得している速読はいわゆる斜め読みではなく、十分内容覚えたうえで速く読破するものです。管理人は速読教室の「研究生」まで進み、インストラクターから、将来は私独自の速読方式を開発することができるとも言われました(指導も頼まれたこともある)。
速読の訓練方法も含め、速く確実に問題文を読む方法を指導します。
  ■6.長期記憶に対する指導 [能率アップ]
管理人は多くの受験生同様、業務の都合で、試験前に十分に準備期間をとることができませんでした。しかし、記憶の技術等を使って、計画的に長期記憶に入れるようにして準備していたので、このような試験直前の準備期間が少ない中でも、十分程度準備することができました。記憶のテクニックを使って、計画的に知識を長期記憶に入れることについて教えたいと思います。
  ■7.メンタル面の指導 [胆力の指導]
弁理士試験は、毎年受験生を驚かせる問題(通称サプライズ問題)がでます。これは、出題者側の意図からすると、受験生を驚かせることによって受験生の実力を発揮させないためです。そして驚かずに実力を発揮できた受験生が合格するのです。だから1年で合格などということも現実にはあります。よくよく論文式試験の問題を見ると短答式試験を合格した受験生ならば、論文式試験は落ち着いて、考えれば誰でも解ける内容であることに気が付くと思います。つまり、弁理士試験は知識の要素もありますが、サプライズ問題で驚かず実力を発揮できる「胆力」の試験でもあります。
実は、本試験で難問が出た年に「この(弁理士試験)は試験は受かる気がしない」という受験生の声を私も聞いたことがあります。「受かる気がしない」では当然受かりませんが、あまり合格に固執しすぎても「不合格」を引き寄せてしまいます。だから自然に合格を引き寄せるレベルにとどめて無心で突き進むのが良いでしょう。
サプライズ問題に驚かない胆力と、適当な心の持ち方に調整について教えたいと思います。
  ■8.その他、豊富な、裏技的情報も用意してあります

 

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 一目でわかる弁理士試験 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.